女性だから職場でもおしゃれしたい!

 少し前は看護師のユニホームといえば、白のナースキャップに白のエプロンと白の服でした。「白」というのは清潔感がある、汚れがわかりやすいなどという理由から長年変わることはありませんでした。

 しかし、女性の多い職場であったことから、機能性やデザイン性で変化を求める意見が多く上がりました。そのため、スカートかズボンを選べるようになったり、デザイン性の高いユニホームを選べたりと選択肢が広がりました。

 最近では、ナースキャップは不衛生という観点からかぶらなくなり、機能性の面からスカートよりズボンが主流になったりと変化してきました。その中でも大きく変わったのがユニホームの色です。

 「白」は確かに清潔感はあるのですが、実は現場の看護師の多くが不満に思っていました。「白」は汚れが目立ちすぎる、下着が透けやすい、患者さんによっては白衣を見ることによって血圧が上がる人がいることなどから、必ずしも「白」がいいとは思っていませんでした。

 このことから、水色やピンクなどの淡い色合いのユニホームが出てきましたが、この淡い色合いでは大きく印象は変わったとはいえませんでした。最近は紺や小豆色であったり山吹色などの躍動的な色合いのユニホームがでてきたのです。今や看護師のユニホームといっても、デザインだけでなく色も楽しめるようになったのです。淡い色は確かに目の刺激は少なく穏やかな気持ちになれる色ですが、原色でない落ち着いた色であれば濃い色でも刺激は少ないと言えるでしょう。現場の看護師の意見が長年の風潮をかえたのです。

 今後、看護師のユニホームがどの様におしゃれに変わっていくのか楽しみでもあります。